Hair CONTRAIL は、千葉県木更津市にあるカット、パーマ、カラーなどを行う美容室です。

残留物質とサロントリートメント

ここ最近、

ビビリ毛・ハイダメージ毛の新規のお客様が続いています。

傷みやビビリが出来てしまった経緯は様々ですが、

一つだけ皆様共通している事が

「パーマやカラーの時に美容室でトリートメントをしていた。」

でした。

 

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

↑↑ お手数ですが、こちらの画像をクリックして頂けると大変嬉しいです。宜しくお願い致します。

 

どS美容師さんのブログに書かれていますが、
美容室のサロントリートメントの正体は ほぼ皮膜!-場末のパーマ屋の美容師日記

美容室で行うサロントリートメントは、

以前も書いたコーティング剤なのです。
その髪の傷み・・・原因はサロントリートメントかも。-Hair CONTRAILのブログ
↑↑

こちらの記事で書いたように、

パーマ剤やカラー剤にはアルカリ剤や過酸化水素などが使われています。

そして、それらはパーマやカラーが終わってからも髪に残留してしまいます。

もちろんアルカリ除去剤や過水除去剤を工程の最後に使って、

出来る限り除去しますが・・・
残念ながら、

全てが髪から出て行ってはくれません。。。

 

除去剤を使用して、

その後自然と残留物質が髪から出てゆき

髪本来の“弱酸性”に戻るまでに1週間~2週間前後かかります。

髪に残留物質が残っている時にサロントリートメントすると・・・

ただでさえ髪を傷める物のサロントリートメントのダメージ+髪にコーティングされて

出てゆく場の無くなった残留物質のダメージとのWパンチになってしまいます。

髪に閉じ込められた

残留アルカリがある限り髪は、

ずーっとアルカリ性、

アルカリ=キューティクルの開きが大きい=髪の間充物質も髪から出やすい状態・・・

サロントリートメントのコーティングも一斉に取れる訳ではなく、

少しずつ髪から剥がれ落ちるので、

その時から少しずつ残留物質も髪から出て行きますが、

キューティクルも開き気味の状態なので間充物質も髪から流れ出て行きます。

結果・・・

サロントリートメントをした数週間後は・・・

髪のダメージは進行して、

乾燥が進んだパサパサ、ゴワゴワ、バリバリの髪になります。

以前、当店のメニューにあったトリートメントを廃止して一切行わなくなってからの方が、

お客様の髪の状態も良くなってます。

 

また市販のカラー剤でもよく耳にする、“匂わないカラー剤”は、

アルカリ剤として一般的に使用されている

“アンモニア水”の代わりに

“トリエタノールアミン(合成界面活性剤)”

“モノエタノールアミン”

が使われている物も多いのですが、

○○エタノールアミンのphはアンモニアよりも低く、

アンモニア特有の刺激臭が少ないのですが・・・

時の経過と共にphは高くなり髪に残留しやすいので、

市販品で“匂わないカラー剤”を使われている方は・・・

使用しない方が良いかなと思います。

ホームカラーが原因でビビリ毛になってしまったお客様もいらっしゃるので・・・
エタノールアミン―WIKIPEDIA

気をつけて下さい。

 

 

 

髪の痛み・ダメージヘアのためのヘアケア-どS美容師ブログ
ヘアトリートメントは髪を傷めます!-場末のパーマ屋の美容師日記

DO-S商品をご購入のお客様は、悪質なインターネット販売にご注意ください。
最近、インターネット通販で正規ではないDO-S商品の流通が多くなっています。
容器の破損等のトラブルや、ロット番号が消されて製造から1年半以上経過していた商品や、シャンプーが分離していたりなどのトラブルがあります。
全てインターネット通販で販売された商品だそうです。
DO-S商品のお買い求めは、当店、若しくは遠方の方はお近くの正規取扱いサロン、場末のパーマ屋の正規ネット販売でのご購入をお願い致します。
美容師が髪の為に作っている商品ですので、普通の商品と違い髪質や髪の状態により使い方も変わります。
ですから、正規取扱いサロンで美容師の説明を受けてからご購入される事をお勧め致します。

!ご購入時の注意!DO-Sシリーズの悪質なネット販売に注意!!!

201510_29

DO-Sシャンプー&トリートメント

場末のパーマ屋の美容師日記

Hair CONTRAIL ホームページ

☆注目 髪の毛のハイダメージ、ビビリ毛の真実!
ヘアダメージで悩んでる方 必見の本!!!

201510_30

場末のパーマ屋 どS美容師プロデュース
新美容出版「マルセル」9月号 定価1,296円

詳しくは ↓
髪の毛の傷みでお悩みの方 必読の本