Hair CONTRAIL は、千葉県木更津市にあるカット、パーマ、カラーなどを行う美容室です。

髪を健康に導き、髪のダメージを誤魔化してくれながら、染める物です。

髪を健康に導き、髪のダメージを誤魔化してくれながら、染める物、それがハナヘナです。

新規のお客様で、ハナヘナをやられた方が、今まで他所で染めていた自然の薬草のカラーと言われた物は、一回で綺麗に染まったのに…という話をされました。

 

20150114_1

にほんブログ村
ブログランキング参加中、是非クリックをお願い致します。

 

薬草カラーは、100%ナチュラルな物ではありません。

以前、カラーリングの分類の話を書きましたが、Hair CONTRAILで扱っているナチュラルハーブカラーと同じく、ジアミン(簡単に言うと、簡単に髪を染める事の出来る成分。殆どの普通のカラーリング剤など染毛剤に含まれています。)が入っている為、簡単に短時間で綺麗に染まります。
他に、殆どの薬草カラーには、小麦粉・コーンスターチ・ハーブが含まれています。
(ハナヘナはぬるま湯で溶きますが、薬草カラー系の物は水で溶かないと小麦粉の成分で玉になってしまいます。)

Hair CONTRAILで使用しているヘナは、ハナヘナという美容師が現地で手選別で製造してもらっているヘナで混ざり物のない天然100%のヘナです。

市販品やサロンでやってるヘナの中には、酸化染料やピクラミン酸やニトロフェノールなどが含まれており、短時間で簡単に染まるのと、ナチュラルヘナには無い、レッドヘナやイエローヘナがあります。

ナチュラルヘナの色は、赤橙色(赤みの強いオレンジ色)の色素のみです。
ローソン(2-ヒドロキシ-1,4-ナフトキノン)から抽出され
髪や皮膚のケラチンタンパク質に反応して染まります。
ハナヘナ・ナチュラルだけで染めると白髪はオレンジ色になります。
暗くしたい場合やブラウン系にしたい場合は、ハナヘナ・インディゴを重ねて染めるか、ナチュラルとインディゴを混ぜて染めるのですが、ケミカルな物が一切入っていないので、一度染めでしっかり暗く染める事は出来ません。
また、インディゴで染めたその日は、インディゴの染料でグリーンがかった色になります。
それが空気酸化で、2日くらいかけてブラウン系の色になります。

201509_14

他のカラー剤と大きな違いが、しっかり色を一度で染めるという事が難しいのと髪質によって色の出方も差がある為、白髪をしっかり染めたい!髪を明るくしたい!という方で、でもハナヘナもしたい!という方にはアルカリカラー+ハナヘナを勧めています。
そして、もう一つ大きな違いが、
ハナヘナは、髪を全く傷めません!
傷めないどころか、傷んだ髪のダメージホールの穴埋めをしてくれるので、髪がしっかりしてきますし、ツヤも出てきます。
紫外線から髪や頭皮も守ってくれますし、フケや地肌の痒みも取り除いて、頭皮も健康な状態にしてくれます。

ハナヘナは、
髪を健康にして、髪のダメージを誤魔化しながら、髪を傷ませずに自然に染めてくれる物です。

201509_15